株の投資について説明する男性

株に投資をする前準備、本当に出来ていますか?「これだけ知っているから大丈夫」「しっかり勉強したから大丈夫」本当に大丈夫でしょうか?当サイトの株投資関連記事で知らないことがあったら、それは「大丈夫」ではないかもしれません。

2015年における松田産業とVISA社の株価騰落率

東京証券取引所第1部に上場している日本企業の1つに、松田産業株式会社があります。同社は、回収した貴金属類を電子部材や地金にして販売する事業を手掛けている企業です。2014年12月30日、松田産業株は終値1,299円をつけて同年の取引を終了しました。2015年に入ると、3月には1,600円を超える高値を付けますが、夏の終わりごろには再び2014年末と同じ水準にまで値を戻してしまいます。その後、株価はいくらか回復して年末を迎え、2015年最後の取引での終値は1,443円となりました。この結果、2015年の1年間における松田産業の騰落率はおよそ11.09%のプラスです。
では次に、海外の企業に注目します。米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く世界的企業、VISA社です。日本人にもなじみのあるクレジットカードのブランド「Visa」を運営する会社です。VISAは自社の株式をニューヨーク証券取引所に上場しています。さて、2014年12月31日、米国市場でのVISAの終値は262.20ドルでした。2015年に入り、その株価は1年をかけて順調に上昇してゆきます。年終盤の11月19日には52週高値である81.01ドルを記録すると、その後は80ドルをやや下回る水準で推移して年末を迎えました。2015年最後の取引における終値は77.55ドルでした。なお、VISAでは2015年3月に1:4の株式分割が実施されています。そのため、2014年末の株価(262.20ドル)は、分割後の値と比較できるよう調整すると65.55ドルとなります。したがって、VISA株の2015年における年間騰落率はプラス約18.31%です。