株の投資について説明する男性

株に投資する前に

株に投資をする前準備、本当に出来ていますか?「これだけ知っているから大丈夫」「しっかり勉強したから大丈夫」本当に大丈夫でしょうか?当サイトの株投資関連記事で知らないことがあったら、それは「大丈夫」ではないかもしれません。

株に投資するために必要なもの

株に投資をするために必要なものとしては、まず証券会社の個人口座が挙げられます。
個別株を注文する場合には、証券会社を通して売買をすることになってきます。
そのため、最初に証券会社で個人の口座を開設する必要が出てきます。
証券会社の口座は証券会社の実店舗で開設の申し込みをすることができますが、今はネットなどを通じて証券会社の必要書類を請求し、郵送で申し込むことも可能となっています。
また、証券会社で口座を開設した後には、株を購入する資金が必要になってきます。
通常において証券会社では、株の買付けを行った4営業日後に決済を実行しています。
しかし、実際に株の買付けを行う際には、普通は証券口座に資金がないと注文ができない場合が出てきます。
そのため、株の購入資金は予め証券会社に入金しておく必要があると言えます。なお、注文方法で成行注文を選ぶ場合には、注文時の株価よりも高く約定する可能性があるため、多めの資金を用意しておく必要があります。
さらに現代は株の買付け注文を出す時には、パソコンやスマートフォンなどを使うことが多いため、それらの端末とネット回線が必要になってきます。
自宅から証券会社に注文を出す時には、デスクトップまたはノートパソコンなどがインターネット回線に繋がれている環境が必要です。
また、外出時にはスマートフォンやタブレット端末を活用することで、証券会社に注文を出すことが可能になってきます。
それらの情報端末ではチャートなどの情報を表示しながら注文ができるために非常に便利です。
近年においては、証券会社で独自に専用のアプリをリリースするようになってきていて、スマートフォンやタブレット端末でも売買がしやすくなっている環境が生まれています。

株投資、投資信託との違い

株と投資信託はともに投資であることに変わりありませんが、この両者の内容が大きく違います。
株では、まず自分で銘柄を研究してその会社の業績を予測して、それが反映して上昇するシナリオを描きながら、投資していくもので自己判断が試されるものです。
一方の投資信託はどうかというとこの投資を始める際には、投資内容は自己判断で確認します。
投資信託は、株だけでなく債権、先物、FX、などをミックスした投資で、購入後がプロのディーラーが運用しますので利益がでるかでないかはディーラーの力量次第です。
つまりは最初は自己判断であとの経過は一任するもので、運用益がないと判断した場合には、解約すればいいというものです。
もっと簡単にいえば、株は完全な自己責任取引で、投資信託は、信託行為ですので相手に委託して運用してもらうので購入したことだけが自己責任となるものです。
それ以外にもっと大きな違いは何かといいますと、株には、いつでも倒産リスクが伴いますつまり倒産によって無価値になります。が投資信託はけっしてそうではないです。
なぜならいろいろなものをミックスして投資してリスクを分散しているのでたとえ倒産による株の無価値のものを含まれていたとしても、投資信託の価格が下落することはあってもゼロになることはありえないです。
この倒産リスクが少ないことは投資信託の大きな特徴です。
以上のように株と投資信託に大きな違いがあり、すべて自分で決めてリスクはあるが大きく儲けてみたい場合はリスクが大きい株式投資がいいですが、投資について深い知識もなく、どれを選ぶかの英断することが苦手な場合には、プロのディーラーに一任する意味で投資信託で取引したほうがいいです。

株投資の失敗談は2chで聞け

株投資を行っていると、他の人はどういった投資を行っているのか、どういう手法を使っているのかということが気になってきます。
特に、リスクに対して敏感な人ほど、なぜ株投資に失敗するのかという経験談を聞きたくなるのです。
インターネット上の株取引を扱うウェブサイトやブログでは、銘柄の選び方やテクニカル指標の見方といったマニュアル的な記事か、株投資でいくら利益が出たというような成功談しか読むことが出来ません。
株投資の失敗談を聞くなら、2chが最適です。2chは匿名の掲示板で、規模が大きいため多くの人が集まり書き込みを行っています。
その多くの書き込みの中には、マニュアルや成功談だけでなく失敗談も多く投稿されているのです。匿名ということもあってか、非常にリアルでノンフィクション小説を読んでいるかのような詳細な話が投稿されていることもあります。
そういった失敗談を読んでいくと、投資に失敗するまでの過程が浮かび上がり、まさに反面教師として自分の投資に役立てることが出来るのです。
一方、2ch独特の文化には注意が必要です。掲示板の中でしか通用しない用語や顔文字が多く使われており、読み解くのに苦労することもしばしばです。
また、匿名のデメリットとして、他者に対して攻撃的な人がいるということも頭に入れておきましょう。他者の投稿に対して難癖を付けたり、根拠もなく否定し続けるということが散見されます。
そういった投稿を読んでいると精神的に疲労してしまうため、あまりのめり込まずに一歩引いた位置から閲覧すると良いでしょう。
現在ではウェブサイトやブログが多数存在しますが、失敗談を記事にしていることは多くありません。そんなとき、2chの投稿が参考になるのです。